×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2004ねん なつやすみ 2004.8.17〜8.25 プリンスエドワード島 (PEI)

パパの裏旅行記はこちらからどうぞ→→→パパの旅行記
もどる
8がつ17にち 
何とか体調も回復し、いよいよ赤毛のアンの島・プリンスエドワード島に向けて出発!
全行程1229.7マイル(=
1979キロメートル)、標準所要時間19時間50分の道のりです。
ちなみに、
青森から熊本まで車で移動したとすると1881キロメートル
車は右のように天井やら後部やらにも荷物を満載。さてさて無事にたどり着けるのやら?
出発

8がつ18にち
休憩を入れて24時間と少しかかって、プリンスエドワード島と
カナダ本土のNew Brunswickをつなぐ "Confederation Bridge"に到着。
橋の全長は9マイル(=
13キロメートル)。ちなみに瀬戸大橋は37.3キロメートルなので、
瀬戸大橋には負けますが、とても長い長い橋でした。
橋の向こうにプリンスエドワード島が見えたときは、疲れきっていたかいけ一家も
さすがに感動!でした。でも、のんびり写真を撮る余裕も無く、
一路宿へと車を走らせました。

ConfederationBridge
8がつ19にち
宿泊したBed and Breakfastのレストランのテラスに
ハミングバードの餌付け容器があり、
朝食をとりながらハミングバードの姿を
楽しむことが出来ました。
HummingBird
SingingSandBeach
Singing Sandの名の通りさらさらとした赤褐色の砂はさわり心地満点!
かいけも大喜びですが、かいけママも思わず童心に帰って砂遊びしちゃいました♪
EastPoingLighthouse
East Pointの灯台
島の一番東にある灯台です
島には灯台がたくさんあり、今もちゃんと機能しています

EastPoint
East Pointの海岸
青い空、植物の緑、
赤い土、蒼い海。
自然の与えたものですが、
それはそれはきれいな景色です

本日の宿泊先はPrince Edward Island National Park!
キャンプをします♪
カナダでは、どの看板、標識、表示も全て
英語とフランス語の両方の表記がなされていました。
カナダの歴史に思いをはせてしまいました。
ちなみに、アメリカではスペイン語(?)の表記がされています。
NationalPark
Carr's
魚屋さん
新鮮な魚介類が手に入ります
島の名物はなんと言っても
ロブスターとムール貝!
ムール貝の養殖は
島の一大産業です
FireKaike
働くかいけ
キャンプファイヤーに風を送っています
島名産のジャガイモはホクホクでおいしいです♪
8がつ20にち
本日はお天気も良いので、Green Gablesを訪ねてみることにしました。
Green Gablesは国立公園に指定されており、
きれいに整備され、保存されていました

赤毛のアンの物語に描写されている家が再現されており
中を見学することが出来ます。
(もともとは、モンゴメリーの親戚の家だったそうです。)
フィクションのはずなのに、まるでアンが本当にいるみたいな
素敵な錯覚を感じます

また、物語に出てくる場所も遊歩道になっていて、
のんびりと散策しました
Beach
国立公園の中のビーチにて
Montogomery Lucy Maud Montgomery
(1874-1942)

Internationally renowned author, Lucy Maud Montgomery was born in New London, Prince Edward Island. After her mother's death in 1876, she lived with her maternal grandparents in Cavendish until 1911, when she married and moved to Ontario. While residing in Cavendish she wrote her first novel, Anne of Green Gables (1908). A series of popular sequels and other successful novels followed, but the enduring fame of Lucy Maud Montgomery had been firmly established with her creation of Anne, one of the most lovable children in English fiction. She died in Toronto and is buried at Cavendish.

モンゴメリーはこの島で生まれ、この島で育ったそうです。結婚でオンタリオに移り住みましたが、彼女の小説の舞台は、ほとんどこの島です。赤毛のアンが書かれたのは1908年。実に100年近く前のことです。彼女の亡き骸は、この島に眠っています。

GreenGables
Green Gables House
実際に中に入ることが出来ます
Anne'sRoom
Green Gables House内・アンの部屋
物語の通りに再現されています。
まるでアンが本当にいるような
錯覚を覚えます
TrashBox Green Gablesの中では徹底してお客さんを
楽しませる姿勢が感じられました。

←これはなんと「ゴミ箱」です。
 PEIでは、ごみの分別がきちんとされていました
 アメリカではついぞ見られない光景です

   アイスクリームまでロマンチック→
   名前を覚えられなかったのですが、
   それぞれ想像力を働かせた魅力的な名前の
   アイスクリームです。味は、すい〜〜〜と!
IceCream
何の花かな?
遊歩道では、物語に出てくる
”恋人達の小みち”等の場所が
遊歩道として整備されており、
のんびりと散策を楽しむことが出来ました。

ワイルドフラワー(名前は?)や、
シマリスも目を楽しませてくれました。
シマリスさん
ホタテご飯とホタテスープ
夕飯はホタテご飯とホタテスープ
ロブスターとアサリの酒蒸し
島の名産の牡蠣です
ロブスターとアサリ
牡蠣!
8がつ21にち
この日は途中から
お天気が悪くなってしまい、
残念ながらせっかくの風景を
楽しむことが出来ませんでした

島の西側のWest Pointの灯台
North Capeの灯台を訪ねました

West Pointでは、灯台が
資料館になっており、一番上まで
登ることが出来ました
WestPointLighthouse fromLighthouse
灯台の一番上・ライトのある部屋から
海岸を見下ろすことが出来ます。

現在も灯台は元気に活躍しています
RedFox

←Red Foxに偶然出会いました

      夕飯はムール貝と魚のパスタです→

この日は夜になっても雨が弱まらず、
キャンプをあきらめBed and Breakfastに
宿泊することにしました。
ピンクの花柄のロマンチックな部屋でした・・・
写真を撮る元気がありませんでした

ムール貝のパスタ
8がつ22にち
昨日とうって変わってよいお天気です
CavendishのNational Parkを
訪れました

CavendishBeach
Cavendishを望む
Cavendishに程近い小高い丘から
空の青、畑の緑、牧草の枯れ草色、
家の壁の白、海の紺碧
Cavendishの海岸
風の強い日でした。
波頭が白くたくさん見えています。
かいけとパパが岩の上に
立っています。(見えるかな?)

この島は全体に赤土で覆われています。
砂浜も赤い砂、
岸壁も赤い土壌です
QueenAnne'sLace
QueenAnne'sLace
FlowerAndKaike
一面の QueenAnne'sLaceが咲く遊歩道を
自転車で疾走するかいけ
hammock
あまりのCavendishの美しさに、
「ここでキャンプをしたい!」と言うことになり、
急遽キャンプサイトを取る事に決めました。
運良く希望したサイトが取れ大満足!

←かいけはハンモックでいい気分♪

   Wild Roseが咲き、
   良い香りが漂っていました→
WildRose
CampSite
昨日の雨のためびしょびしょになった家財道具を干しています。
キャンプサイトからは、美しい海と空を望むことが出来ました。
ビーチまでは数メートル!
キャンプしている人しか入れない”プライベートビーチ”です
KitchenShelter
風が強いためキッチンシェルターで
ランチの準備。
窓からは絵の様な風景が望めました

かいけが持っているのは
昨日買ってもらった 「赤毛のアン人形」
ロブスター人形とどっちにするか
かいけはしばらく悩んでいました。
PostOffice1
Green Gables郵便局
PostOffice2
郵便局正面
モンゴメリが働いていた頃の資料があり、
小さな資料館になっています。
ここからお手紙を出すと、
特別な消印を押してもらえるそうです。
SiteOfL.M.MontgomeryyCavendishHome

モンゴメリーのCavendishの家跡地です。

←左の建物は、本屋さんです。
残念ながら、本物の家は土台しか残っていません。

モンゴメリーは木を愛していたそうです。
帰り道、木の間の道を抜け、
家の明かりが見えた時の幸福感を想像しながら、
木の間を散策しました→

この道の向こうにモンゴメリーのお墓があります。
お墓の前には小さな花壇があり、色とりどりの
花が咲いていました。

CavendishHome
NationalPark
夕焼けの中、海岸で遊ぶかいけ
西の空には、美しい夕焼け空。
キャンプをしている人々は、
散歩をしたり、
椅子を持ち出して浜辺でくつろいだり、
思い思いに夕暮れを楽しんでいました
Sunset
ムール貝のお味噌汁
夕飯は、ムール貝のお味噌汁
ホタテのホイル焼き
ホタテと野菜のホイル焼き
島名産のジャガイモも入れてみました
ホタテご飯
またまた登場ホタテご飯!
月
←南の空には美しい月が、

北西の空には北斗七星(見えますか?)が、→

北東の空にはカシオペア座、
頭の上には天の川☆
そのほか、名前を知らないたくさんの星が
手に届くように輝いていました
北斗七星
8がつ23にちSunRise
キャンプ場からの朝焼け
今日も良いお天気になりそうです。
赤土の海岸と、赤い砂浜が
朝焼けに照らされてますます赤く見えます

この日に帰路に向かう予定だったのですが、
キャンプサイトからの景色のあまりの美しさに
かいけ一家帰りたくなくなり、家族会議。
かいけの「もっとキャンプしたい!」
の鶴の一声で、もう一泊延長することに

新学期、大丈夫かな?ま、いっかぁ・・・
MorningBeach
Beach
この日は、かいけ我慢できずに
とうとう水着になってしまいました
Lunch
お昼ごはんはホットドック
大きな口をあけて、ぺろりと平らげました
Tent
テントの周りには、先ほどの
水着やタオルを干しています
左に小さく、ハンモックでくつろぐかいけ
ポニーに乗りに行きました。
お馬さん大好きなかいけは、
一人でもご覧の通りご機嫌で
上手に乗っています
Ponney
RedClover
一面のレッドクローバー畑
風にのって甘い香りが漂います

子供の頃、レンゲ草で
首飾りを作ったことを
思い出したかいけママでした
RedCloverFlower
Montague
Seal Watchingにお出かけ。
船の時間まで、
州立公園の赤い砂州をお散歩♪

奥に見える白い点々は
ムール貝の養殖場。
島の産業のひとつです
SealWatching1
ソフトクリームをなめなめ乗船中
SealWatching2
アザラシは、潮流の関係で
少ししか見れませんでした。残念
CaptainKaike
キャプテンかいけ。
警笛を鳴らさせてもらい、
音の大きさにちょっぴりびっくり

マクドナルドには、
島の名物ロブスターの
ロブスターサンド!

ちょっともったいないような
気がするのですが・・・
McLobster1
ご当地サンド
ロブスターをマヨネーズであえ、
レタスと一緒にはさんださっぱり味です
McLobster2
Sunset この日もきれいな夕日が望めました
←かいけと影法師で遊んでいます

  デザートにマシュマロを焼くかいけ→
  マシュマロを焼くと、表面はカリカリ
  中はとろ〜りで、おいしいそうです。
  大人にはちょっと・・・ですが、
  かいけは喜んで自分で作って食べていました
marshmallow
8がつ24にち
あさってから小学校なので、さすがに
今日は帰らなくてはなりません。
後ろ髪引かれる重いでしたが、
赤毛のアンの島を後に、
現実世界に戻ることにしました。

New Brunswick(Canada本土)
側から見た"Confederation Bridge"
プリンスエドワード島は、
遥か彼方です
ConfederationBridge
FundyNationalPark
帰り道CanadaのFundy National Parkに寄り道
波と風に浸食されできた奇岩の数々が見られます。
ちょうど干潮だったので、岩のすぐ下まで行くことが出来ました
HopewellCape
満潮だと、岩の下1/3ほどは
水の中に沈むそうです。
なんかこの岩、
三陸海岸を思い出すなぁ
8がつ25にち
昨日の朝9時半に出発して、自宅に着いたのは次の日の昼の12時半。
1時間の時差があるので、実に24時間(途中の寄り道を差し引いて)の
なが〜い自動車旅行でした。でも、地図の上では、北米大陸の東の端をちょっと移動しただけ。
いやぁ、本当に大陸って広いのね。かいけパパ、運転お疲れ様でした。
後ろの座席を独り占めして熟睡していたかいけはただ一人元気いっぱい。
明日からの小学校も大丈夫そう。よかったよかった。でも、もう一緒に遊ぶ気力が、、、お願い寝せて頂戴。

こうして、病み上がりのかいけ一家、シーフードを楽しみ、景観を楽しみ、
元気を取り戻して夏休みから戻ったのでありました。
来年はどこに行こうかな?