×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

裏・夏休み旅行日記          by かいけパパ

はじめに

夏の予定は3月渡米中の飛行機の中で決まっていた。
かいけママが機内の雑誌をみて、
「夏はここでしょ!」。
その後も島のパンフレットを集めるなど、着々と水面下で計画を進めていたようだ。
ちなみにかいけパパ、プリンスエドワード島なんて知らなかった。

計画

夏休みは8月13日〜25日に決定。
島の情報収集はかいけママにまかせ、かいけパパは島までの道のりを計画。
当初はプリンスエドワード島と、アメリカMaine州にある
"Acadia National Park"を予定していたが、
出発が遅れたためAcadia NPは直前でキャンセル。
Map & Directionで道順や所要時間をチェック。
所要時間は21時間〜24時間。
21時間とするMSNの経路を選んだ。
地図の画像を次々とCopy & Pasteしてお手製地図を作成。

地図

準備

島でのんびり風景を楽しめるよう、自転車を持っていくことに。
自転車キャリアーを購入して車に装着(表日記参照)。
出発当日に荷物を搭載。トランクは満杯。フル装備だと我が家の車は小さすぎた。
島で写真を撮りまくれるように、また、道中かいけが暇つぶしにDVDを見られるように、
ノートパソコンも搭載。
海産物に飢えていたかいけ一家。旅行中は魚介類のみ食べる(肉禁止!)
予定として、調味料などもフル装備。
腸炎の症状はまだ続いたが、予定より4日遅れの出発だ。

往路

途中頻回にトイレ休憩。
High wayを降り、適当な店を探してダッシュ!
予定時間を大幅に遅れることになった。
翌朝、ようやっとアメリカ最東端のMaine州に到着。

州境 New Hanpshire州とMaine州の州境

この頃かいけパパ限界。かいけママにバトンタッチ。
助手席でビール2缶飲んで3時間ほど爆眠。
起床後、再度交代して、一路国境へ。
お昼頃国境に到着。

ナイアガラの国境のような立派な建物ではなく、一軒家みたいな建物で、中にはおじさんが1人。
おじ さん;「どこ行くの?」
かいけパパ;「プリンスエドワード島」
おじ さん;「は?」
かいけパパ;「プリィンスエデュウォーアド島」
おじ さん;「OK。アメリカのビールとかは積んでない?」
かいけパパ;「はい(本当は1ダース積んでいる・・)」
おじ さん;「パスポート見せて」・・・・「OK、良い旅を」
かいけパパ;「はーい」

無事国境通過。(注;本当はアルコール類やタバコなどは持ち出せない)
夕方6時頃、ようやっとConfederation Bridgeに。
橋を背景に記念撮影の予定でしたが、すっかり忘れて橋にのってしまった。
その結果が表日記の写真・・・・。島に到着。
赤土の風景がとても印象的だった。
宿泊するB&Bは島の北東にあり、ここからさらに約3時間。
日も暮れた夜9時頃に到着。すんごく遠かった〜〜。
ちなみにこの頃は腸炎の症状はなくなってました。

※ 今回の移動が青森〜熊本間に相当すると後で知り、
「どーりでいつまでたっても着かなかったわけだ!」と納得した。
Miles表示は理解しづらいし、km表示だけでもイメージしにくい。
やはり、「日本だと●県〜○県」みたいに考えるとわかりやすい。

Check in後、シャワーを浴び、夕食を食べてすぐに就寝。長い2日だった。

島2日目

朝は7時頃起床。
天気はまずまず。かいけパパ車に荷物搭載。
その間かいけとかいけママ、早速サイクリング。
B&Bの庭にブランコがあったので遊びにいったが、蚊の攻撃にあいすぐに撤退。
BB

Check outして、近くのSinging sands beachに出撃。
茶褐色の砂浜、目の前に広がる大西洋。
「病み上がりだったけど、来てよかった」と皆で感動。
SingingSandsBeach

次に、島北東のEast Pointへ。
East Pointに着くと、灯台スタンプラリーのパンフレットが・・。
かいけ;「全部周る!」
かいけパパ、ママ;「・・・・・」
East Pointで記念撮影し、
EastPoint

次はPrince Edwards Island National Parkを目指す。
これで島北東部のBay & Dunes地区をクリア。

5時頃、National Parkに到着。キャンプ場からは海岸が見えず残念。
でもとても静かなキャンプ場。
テントを建て、かいけお気に入りのハンモックも張る。
ハンモック

夕食の食材を買いにお出かけ。ロブスターをゲット(1匹約900円)。その他貝類も買う。
キャンプファイヤーでボイルされたロブスターを温め、かぶり付き!
かいけ一家;「ん〜まい!」

夜は満天の星空。夏だけど夜は冷える。シャワーを浴びて早めに就寝。

島3日目

夜中に雨が降ったけど、朝はやんでいた。
昨日のロブスターの残りで雑炊を作り朝ごはん。
その後、海岸にお散歩。空はまだ曇り空。
おばさん・・・

晴れ間が見えてきたので、「赤毛のアン」関係の観光地にお出かけすることに。
海岸で軽くお昼ごはんした後、Green Gablesへ。
さすが観光地。駐車場は車でいっぱい。ここでは入場料を取られるらしい。
料金表には、Adult ●$、Child (6-18) ▲$、Child (less than 6) freeとある。
そこで、かいけ、いまから5歳。
かいけパパ;「大人2枚」
窓口にーさん;「●$です」
かいけパパ;「はい、●$」
窓口にーさん;「ありがとう」
No problemで入場。アジア人は幼くみえるらしい。
ちなみに以前かいけは「4歳?」と聞かれたこともある。

注;大人も同じ。ビール買うのにいつも苦労する。

Green Gables内を散策。ここにも観光用パンフレットが置いていた。
目ざとくかいけがパンフレットをゲット。赤毛のアン関係の観光地がいくつかのっていた。
かいけ;「全部行く!」
かいけママ;「もう今日は遅いから明日ね」
夕方だったので、かいけを説得して夕食の買出しへ。
昨日と同じSeafood店。
またもやロブスター、ムール貝、アサリ、蠣を買いキャンプ場に。
今日のメニューはホタテご飯、ホタテスープ、
ロブスターとアサリの酒蒸しなど(表日記参照)。
かいけ一家;「超うま〜」
でも蠣は三陸産のほうがおいしかった。

夕食も終わり、後片付け。残飯をゴミ袋に入れ、テーブルの柱にくくりつけておく。

就寝。

未明、テントの外で「ガリガリ、ポリポリ」という音が響いていたらしい。
その音でかいけママ起こされる。テントの外を見ると、キツネが残飯を食べていたそうだ。
翌朝、キャンプサイト一面には残飯が散在。今晩からは寝る前にごみは捨ててしまおう。
ちなみに隣のサイトにはマクドナルドが散らばってた。

島4日目

今朝は朝からどんより曇り空。
今後の日程を考えると、
「島制覇のためには今日中に西に行っておかないと!」
ということで、天候はイマイチでしたが西に向うことに。

ちなみにキャンプ場はAnne’s Landという地区にある。これで2つ目クリア。

まずはWest Pointへ。これで島西部のSunset & Seascapes地区クリア(3つ目)。
ここにはかいけお目当ての灯台があった。
しかし、到着するころ小雨模様。景色はイマイチ。やはりこの島には青空が不可欠。
灯台に登ってみる。

灯台から出て、お土産店を見学した頃から土砂降りの雨になってしまった。
しかしここWest Pointはかなりはずれの町。他に予定もなかったので、
当初の予定通り島北西部のNorth Capeを目指す。
海沿いにあり、晴れていればとても眺めがいいであろうという道。とても残念だ。
来年リベンジしようかな。
North Capeに到着。とりあえず灯台を背景に記念撮影。
雨が強かったため、すぐに御土産店に入る。
ここでかいけママ、写真集2冊をゲット。
かいけは、あちこちのお土産店でずっと悩んでいたが、
ロブスター人形でなく、赤毛のアン人形を選択。
(この人形が、帰路でかいけの暇つぶしにとても役立った。
ちなみに名前は“あんちゃん”
North Capeはとても眺めのいい海岸のため、観光地になっている。
実際我々がいた時も観光バスが数台止まっていた。

キャンプ場に戻る途中に、買い物のためCharlottetownに向った。
これでCharlotte’s Shoreクリア(4つ目)。
モールで夕食の食材のお買い物。ムール貝 5パウンドで7$(約650円)。
またもや買ってしまった。ロブスターは飽きたので今日はなし。

キャンプ場近くの路上でキツネを発見(表日記参照)。
「こいつか?昨日ごみをあさっていたのは」

キャンプ場につきしばらくすると、再び雨脚が強くなりだした。
とりあえずシェルターで夕食を作り、(大量)ムール貝のスパゲッティーを食べた。
雨は一向にやむ気配がない。
これでは風邪引くし、寝られないだろうと判断し、急遽宿探し。
数件に断られたが、最後に訪ねたB&Bのおばあさんがとてもやさしい人で、
「自分の所はいっぱいだから、他の宿を探してあげよう」
とあちこちに電話をしてくれた。おかげで別のB&Bに泊まることができた。

夜10時過ぎにそのB&Bにつくと、管理人のおじさんが雨の中出迎えてくれて、
「明日はいい天気になるよ!」と慰めてくれた。

島5日目

朝6時過ぎに目が覚めた。
今日はキャンプ場を撤退しなくてはいけない。曇ってはいるが、雨は止んだ様子。
かいけママとかいけ就寝中にキャンプ場に戻り撤去作業。
この間に徐々に空が青空になってきた。
かいけママとかいけを迎えに行く頃には、きれいな青空が広がっていた。
おじさん! あれは慰めではなかったのね!

「今日は景色を楽しもう!」
ということで、National Parkを丹念に周ることにした。
今日はどこか適当に宿を探して宿泊する予定だったが、まずは観光!
CanadaSwing

National Parkには設備の整った2箇所のキャンプ場がある。
我々の泊まったところと比較してみようということで、ちょっとお邪魔したところ、
かいけママ;「ここすごくいい!」
かいけ;「かいけも」
かいけも

確かに、前のキャンプ場と異なり、キャンプ場の目の前には海。
かいけママ、自転車でキャンプ場内を調査し、
「ここのサイト取れないかな〜」。
かいけパパ、キャンプ場事務所へ交渉に。楽勝で交渉成立♪。
再びテントを建てたりして、サイトのセッティング。
海の眺めも十分堪能したし、再度「赤毛のアン」関係の観光地へ。

まず、Green Gables Post Officeへ。ここでじーじ・ばーばや我が家に絵葉書を出す。
MongomeryのCavendishの家の跡、お墓などを見た後、
またもや、いつものSeafood店を経由してキャンプ場へ。
たそがれ

今日も海産物三昧。
夜空にはこれまで以上にくっきりとたくさんの星を見ることができた。
かいけママ突然、「三脚出して!」。星の写真を撮るつもりらしい。
四苦八苦して写真撮影(表・日記参照)。
この間、かいけは周りで騒ぎまくり邪魔してた。
かいけご注文のマシュマロ焼きをやり、就寝。
マシュマロ

島6日目

とうとう今日は島を離れなくてはいけなくなりった。
でも朝からいい天気。海岸で遊んだりして朝食、兼家族会議。
かいけママ;「やっぱり小学校始まるしー。帰ろっか。」
かいけパパ;「でも明日の朝出発したら、あさっての午前中に家について休めるんじゃない?」
かいけママ;「でも疲れもたまってるし〜」
かいけママ・パパ;「かいけ、どう思う?」
かいけ;「もっとキャンプ!」
家族会議終了。かいけパパ再びキャンプ場事務所へ。交渉成立♪。

もう一泊キャンプです。

かいけご希望のポニー乗馬で、かいけを満足させた後、
Seal watching(アザラシ見学ツアー)に出撃。
Montagueという町。Hills & Harbours地区クリア(5つ目)
残念ながらアザラシは少し(頭をちょっとぐらい。写真も撮れず)しか見られなかった(表日記参照)。
おやつにマクドナルドに寄る。珍しもの好き(かつ、はずしてしまうことが多い)かいけママ、
果敢にロブスターサンドに挑戦。しかしお約束どおりはずしたようだ(表・日記参照)。
「日が暮れる前に!!」と急いでキャンプ場に戻る。何とか日の入りに間に合う。
Sunset

最終日でありゆっくりしたいため、近くのレストランからFish & TipsをTake out。
そしてかいけは今夜もご注文のマシュマロ焼き。

明日はいよいよ(本当に)帰らなくてはいけない。早めに就寝。

帰路

夜少し雨が降ったが、朝は晴れ。朝ごはんを食べて、撤収作業。
CampSite

9時30分頃出発。
すんごくいいキャンプ場だった。
” 目の前に海”なんてキャンプ場は、多分アメリカにはないだろう。
(かいけママ注;フロリダにあるらしい)
ぜひまた来たい。
もし日本からくる機会があれば、多分またキャンプでくるだろう(もちろん夏に)。
それ思えるくらいよいところだった。

往路で撮り忘れたConfederation Bridgeを背景に写真撮影。
ConfederationBridge

その後、かいけパパの希望でFundy National ParkのそばにあるHopewell Rocksを観光。
すごい観光客の数。知らなかったけど景勝地だったのね。
Floridaナンバーの観光バスも停まってる。
HopewellRocks

ちょっと観光のつもりが、気がつけば3時間ほど滞在。
急いで帰路に着く。夕方6時頃に国境到着。
往路のときとは異なり、Saint Stephanという比較的大きく、とてもきれいな町にある国境。
ナイアガラのときとは異なり、問題なくアメリカ入国。
国境の目の前にあるガソリンスタンドで給油とお買い物。
そのとき、
かいけママ;(何気に)「税金払い戻しの用紙もらってくるの忘れたね」

注;カナダの消費税はとても高い。観光客は帰国後一部払い戻ししてもらえます。

かいけパパ「じゃー、ちょっと戻ってくるわ」
かいけパパ歩いて再びカナダに入国(してしまった)。
カナダ側で用紙をもらい、再び歩いて国境越え、と思いきや、
入国管理官;「君、こっちに来なさい!」
焦るかいけパパ;「(やべー、パスポート車に置きっぱなしだよ)」
入国管理官;「何して来たんだ?」
かいけパパ;「これこれ(目立つように払い戻しの用紙をブンブン振り回す)」
入国管理官;「今後はこんなことはしないように(やさしい口調)」
かいけパパ;「うん。ありがとう。ばいばい」

祝! かいけパパ初・歩いて国境越え(しかも往復♪)

再び運転が続き、自宅に到着。28時間の長旅もようやく終了。
かいけは到着直後に疲れきった親を尻目に、アパートのお友達のお家に遊びに行った・・・・。

最後に・・・

 この島には、(日本で言うところの)高速道路というものはありませんが、
一般道の制限速度が100 km/hくらいになっています。
島のパンフレットには、「East Point〜North Capeは約3時間」などとありますが、
一般道をぶっ飛ばして3時間ですから(信号もほとんどないし)、
予想していたよりも大きな島でした。

 今回の旅で残念だったことは、
・ 悪天候のため西海岸の美しい風景を見られなかったこと、
・Ship to shore地区に行けなかった
(通過はしたのだけれど・・。どこかに立ち寄ればよかった・・。全島制覇できず)こと、
・ そして灯台スタンプラリーを完走できなかったこと。
この島を制覇するには1週間は短すぎました。
PEI

 現在来年の夏休みを計画中。
かいけ一家は海好きなので、Yellowstoneなどのお山系には全く興味がわきません。
海沿いの景勝地としていくつか候補があるのですが、来年もまたここにくるのも悪くないな、
と思うかいけパパでした。